ビリギャルよりビリから慶應を通信で卒業しました!-卒業までの勉強法書いていきます-

高校中退から高卒認定試験を受けて、慶應義塾大学の通信教育課程を卒業しました。 卒業まで5年間において自分が得た、経験や知識をブログに示していきたいと思います。

慶應通信の卒業式

ブログのホームページ

Methode

こんばんは。

3月26日に卒業式に行ってきました。

通学生と合同での卒業式でした。

例年卒業式が行われる、日吉の会館が改修工事中のため、今年はパシフィコ横浜という場所で式が行われました。

f:id:kobun2ki:20180328235455j:image

少し残念な気もしましたが、滅多に経験できない学外の卒業式だなとも思いました。

卒業式・学位記授与式

はじめに全卒業生合同の式があり、その後に、通学課程の各学部と通信課程で、それぞれ学位記授与式がありました。

通信は全学部共通の授与式になりましたが、一人一人直接手渡しで学位記を授与されました。

実際に自分の名前が入っている学位記をみると頑張ってきて本当に良かったなと思いました。

f:id:kobun2ki:20180330220327j:image

卒業式、学位記授与式などでは何人かの先生やOBの方がお話をしてくれました。

ある先生は慶應義塾大学についてのお話をされていました。

慶應のいいところの一つとして、学びを求めるものに対して広く門戸を開く開放性を挙げておられました。

通信での学びを考えると、まさにその通りだと感じました。

通信は入学のハードルが低いです。

そこで学んでいる人はまさに老若男女問わずです。

学歴に関しても、自分のような中卒もいれば、2回目の大学といった人もいます。

自分も含め個性派、ちょっと変わった人もいますが、やる気がある人には全力でサポートしてくれます。

卒業までの学習の中でも、先生方や学校スタッフのみなさんは、こちらが一生懸命になれば、それにどこまでも付き合ってくれました。

卒業論文指導やスクーリングの時などに質問をすると時間を惜しまず答えていただいたことなどが記憶に残っています。

本当にありがとうございました。

慶應通信のような制度を作り、今でもその制度を維持し、続いていることは素晴らしいと思います。

このような学びの制度が、今後日本の公教育などでも広く取り入れられたらいいのになと思います。

現在の中学校までの義務教育や6・3・3・4制、学校カリキュラムなどが学びの形として本当に適切なのかと感じます。

卒業祝賀会

学位記授与式終了後、卒業祝賀会に参加しました。

立食パーティーみたいな感じで、歓談をしながらOBや先生方のお話や学生による催しなどが行われました。

自分はこういう集まりが超苦手なので、参加を迷いましたが、お世話になった先生方に挨拶できればと思い参加することにしました。

卒業論文指導を担当していただいた先生は参加されていなかったのですが、お世話になった何人かの先生には挨拶ができたので参加して良かったです。

最後に慶應の歌をみんなで肩を組んで歌ったりしてとても盛り上がってました。

あと記念品もいただきました。

 

f:id:kobun2ki:20180328234229j:image

f:id:kobun2ki:20180328234239j:image

企画、運営していただいたみなさま、ありがとうございました。

ゴールかスタートか

祝賀会では、何人かの卒業生ともお話しさせていただきました。

卒業生の中には大学院への進学を考えている方もおられました。

自分も迷っていたのですが、同じように考えておられる方もいることを知り心強くなりました。

卒業に対して、通学生と通信生では違いがあると思ってました。

通学生にとって卒業は社会に出るスタートになる場所ですが、多くの通信生にとっては、そこがゴールになっていると感じていました。

自分は、ここをステップに何かをしたいと思っていましたが、通学生を見たり、大学院に進学する通信制の話を聞いたりして、改めてここをゴールと考えていてはいけないなと思いました。

今回の卒業式はいい思い出になりました。

これで一区切りがついたので、また4月からは新たなことに向けてチャレンジしていきたいと思います。

富士山

今回、卒業式に向かう新幹線の車内で、大学に通い始めてから初めて富士山を見ることができました。

10回近くは、新幹線で東京の方にきてますが、いつも天気が悪かったり、寝てしまったりと富士山を拝むことができてなかったです。

やっぱり富士山は綺麗だし、でっかいし、カッコ良かったです。

卒業のご褒美と思い嬉しくなり、しっかり動画も撮りました。

f:id:kobun2ki:20180329000939j:image

自宅に帰ると、アマゾンで注文していた本が届いていました。

次に研究したいと考えている分野の本ですが、ワクワクしています。

やっぱり本を読んだり、勉強したりすることが、好きなんだと実感し、だからこそ卒業まで続けれたんだなと思いました。

今日は、卒業式の報告だけになってしまいました。

次回からは、また学習計画について説明していきたいと思います。

読んでいただいてありがとうございました。