ビリギャルよりビリから慶應を通信で卒業しました!-卒業までの勉強法書いていきます-

高校中退から高卒認定試験を受けて、慶應義塾大学の通信教育課程を卒業しました。 卒業まで5年間において自分が得た、経験や知識をブログに示していきたいと思います。

慶應通信におけるレポートの書き方⑶アウトラインを育てる

慶應通信におけるレポートの書き方⑶

アウトラインを育てる

こんにちは。

みなさん「ナンバ歩き」って知ってますか。

交互に右手と右足、左手と左足を出す歩き方のことをいうみたいです。

諸説あるらしいのですが、明治維新までは日本人の一般的な歩き方だったみたいですね。

初めて知ったのでビックリしました。

本を読むと、新たなことを知り自分の常識が変わることがあります。

与えられていることを、当たり前と思わずに、自分で理屈を考えたり、疑ったりすることも時には必要だと感じました。

大学の卒業式で先生も言っていた「常識を疑うことが大事」はこういうことなのかと思いました。

今回は、メモ書きから発展させた初期段階のアウトラインを育てていき、パラグラフを完成させていく作業について説明していきます。
パラグラフとは論文のパーツになる、1つの項目について述べられた文章です。
いくつものパラグラフを組み合わせて論文・レポートはつくられます。

 

現在のレポート例の進展状況

初期段階のアウトライン

題名 日本の近代化に対する坂本龍馬の役割
序章
本論 第1章 幕末の日本
・江戸時代はどのような生活だったか
・江戸時代はどのような政治体制だったのか
・外国との関係はどのようなものであったか
明治維新があったので日本の生活は西洋化、近代化に向かった
・近代化・西洋化とは何か
・黒船来航と幕府の対応
第2章 政治面における役割
坂本龍馬薩長同盟を成立させることにどのように貢献したか
薩長同盟とは何か
・各藩の関係性はどうだったか
船中八策とは何か
船中八策が、徳川慶喜大政奉還を決意させたのか
徳川慶喜はどのような考えを持っていたのか
第3章 経済面における役割
海援隊は何をしていたのか
・商人としての坂本龍馬
亀山社中とはどのような団体なのか
坂本龍馬はどうやって資金を捻出していたのか
坂本龍馬の交友関係について
結論

 

⑶アウトラインを育てる

1.アウトラインに肉付けする
2.各項目を自分の言葉でまとめる
3.仮パラグラフを完成させる

1.アウトラインに肉付けする
初期段階のアウトラインができあがり、本論に書く内容がなんとなく決まってきたら、アウトラインの内容を膨らませていきます。
この作業を繰り返していくことで、レポートは完成に近づいていきます。
まず、箇条書きにしたアウトラインを、簡単な文章にしていきます。
メモ書きをベースにして、参考文献やテキストを利用して各項目の内容を膨らませて文章にします。

[アウトラインに肉付けをした例]

(今回は第2章の一部のアウトラインを膨らませていきます)

序章
第1章
第2章
a・坂本龍馬薩長同盟成立にどのような形で貢献したのか
坂本龍馬犬猿関係にあった薩摩藩長州藩を仲介して、薩長同盟成立に貢献した。両藩は武力衝突の可能性もあったが、この軍事同盟が成立したことで平和的に歴史が動くことにつながった。龍馬は両藩の代表者を説得して、京都で会談するきっかけを作った。両者の藩内事情を把握していた龍馬は自らが設立した会社、亀山社中も利用して仲介を進めた」文献A 21
b・薩長同盟とは何か
「1866年に成立した薩摩藩長州藩による倒幕を共通目標とした軍事同盟。倒幕派のリーダー的存在の長州藩公武合体を押し進め幕府に最も近いといえる長州藩が、利害の一致のより倒幕に向かった。坂本龍馬などの尽力によって両藩が意思を変え同盟が成立したと言われる」文献B 134
c・各藩の関係性はどうだったのか
「江戸末期の、徳川幕府は封建的な国家であった。各藩は幕府に近い存在の藩もあれば、内面では幕府をよく思っていない藩もあった。また多くの藩は、財政難の状況にあって、自藩の存続だけで精一杯の状況だった」テキスト12
d・船中八策とは何か
e・船中八策が、徳川慶喜大政奉還を決意させたのか
f・徳川慶喜はどのような考えを持っていたのか
第3章 経済面における役割
結論

a〜cような形で各項目について、テキストや参考文献の記述を利用してアウトラインを文章化していきます。
その時、各項目に関して、どこを参考にしたか分かるように文献名とページ数を書いておきます。

アウトラインに肉付けをする作業をしていると、疑問に思うこと、付け加えて説明する必要があること、新たに気づいたことなどが出てくると思います。
例えば「薩長同盟の成立に貢献した人物は他にいたのか」「大政奉還とは何か」といった感じの内容です。
そのような内容があれば、新たに文献を読んだり、ネットで情報を集めたりします。
そして調べたことを、さらにアウトラインに付け加えていきます。
このような作業をくり返すことでアウトラインはどんどん成長していきます。

この作業は直接WORDなどの文書作成ソフトで行います。
文章の移動、追加などがくりかえし容易にできるからです。

全ての項目について、文章化できたら、それを眺めてみます。
すると、説明する内容や論ずる順序などについての気づきがあると思います。
そのような時には、文章を入れ替えたり、内容を修正したりしてみましょう。
この時、各項目に「a、b、c」や「1、2、3」などの記号をふっておくと良いです。
記号などをつけていると、あとで再構成する時に分かりやすいです。

アウトラインの項目の中には「これは不要だな」と思う内容も出てくると思います。
そのような場合は、その文章をカッコでくくったり、レポートの末尾に移動するなどして、必要ないということを分かるようにしておきましょう。
すぐには消さないようにして下さい。あとで必要な時がくるかもしれません。

2.各項目を自分の言葉でまとめる
アウトラインの各項目の内容と論ずる順序がある程度みえてきたら、各項目で何が言いたいのか、自分の言葉にしてまとめていきます。
各項目の文章を、自分の言葉で要約してみましょう。

[アウトラインの項目]

a・坂本龍馬薩長同盟成立にどのような形で貢献したのか
坂本龍馬犬猿関係にあった薩摩藩長州藩を仲介して、薩長同盟成立に貢献した。両藩は武力衝突の可能性もあったが、この軍事同盟が成立したことで平和的に歴史が動くことにつながった。龍馬は両藩の代表者を説得して、京都で会談するきっかけを作った。両者の藩内事情を把握していた龍馬は自らが設立した会社、亀山社中も利用して仲介を進めた。文献A 21


[自分の言葉でまとめた文章]

坂本龍馬は、さまざま方法で、敵対していた薩摩藩長州藩を交渉の場につかせ、軍事同盟である薩長同盟の成立に貢献した。

これを組み合わせると、論文のパーツになるパラグラフの一つが仮に完成します。

3.仮パラグラフを完成させる
論文のパーツになるパラグラフの完成に向けて作業をすすめます。

まず、パラグラフについて説明します。
パラグラフとはある1つの事柄について書いた文章のまとまりです。
1つのパラグラフの中では、1つの事柄についてしか書くことができません。
例えば、1つのパラグラフの内容として「坂本龍馬薩長同盟成立に貢献した」はいいですが、「坂本龍馬薩長同盟成立に貢献して、その後幕府は崩壊した」はふさわしくないということです。

パラグラフは、トピックセンテンスサブセンテンスから成り立っています。

トピックセンテンスは、パラグラフに書かれる1つの事柄について書いた文です。
上記の例で行くと「坂本龍馬薩長同盟成立に貢献した」がトピックセンテンスです。

サブセンテンスは、トピックセンテンスの内容を補足したり、詳しく説明したり、具体例を提示したりする文です。
例えば、坂本龍馬が具体的にどのように貢献したのか、どの本で誰がそれを説明していたのか、比較例の提示などがサブセンテンスに書かれることです。
サブセンテンスがトピックセンテンスを引き立てます。

1つのパラグラフの分量は、200-400字程度にすることが良いといわれます。
その程度の分量を目安にしてパラグラフを完成させていってください。
このパラグラフを組合せ、積み重ねていくことで、レポートや論文の形になっていきます。

仮のパラグラフを作成する手順について説明していきます。
まず、先ほど自分の言葉でまとめた文章(アウトラインの項目を要約したもの)をパラグラフの冒頭に置きます。
そして参考文献などを利用して書いたアウトラインの各項目の文章を、その後に並べてみます。
これで1つのパラグラフの形が仮にですが完成します。

[仮のパラグラフ]

第2章 政治面における役割
a坂本龍馬薩長同盟成立にどのような形で貢献したのか
【自分の言葉でまとめた文章[トピックセンテンス]】
坂本龍馬は、さまざまな方法で、敵対していた薩摩藩長州藩を交渉の場につかせ、軍事同盟である薩長同盟の成立に貢献した。
【各項目の文[サブセンテンス]】
坂本龍馬犬猿関係にあった薩摩藩長州藩を仲介して、薩長同盟成立に貢献した。両藩は武力衝突の可能性があったが、この軍事同盟が成立したことで平和的に歴史が動くことにつながった。龍馬は両藩の代表者を説得して、京都で会談するきっかけを作った。両者の藩内事情を把握していた龍馬は自らが設立した会社、亀山社中も利用して仲介を進めた。文献A 21

自分でまとめた文章がトピックセンテンスに、アウトラインの各項目がサブセンテンスの一部になります。
これをもとにして、情報を付け加えたり、文章を練りなおしたりしてパラグラフを完成させていきます。


このパラグラフを積み重ねていくことで、レポートや論文の形になっていきます。

この段階までくれば山の頂上は完全に見える位置まできています。

 

今回は初期段階のアウトラインから、それぞれの項目を発展させて、仮のパラグラフをつくる過程までを説明しました。

次回は、そのパラグラフを強くて、見た目もきれいなものに成長させていきます。

そして、レポート・論文の下書きとして完成させる過程を説明していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

今回の進展状況

初期段階のアウトライン

題名 日本の近代化に対する坂本龍馬の役割
序章
本論
第1章 幕末の日本
・江戸時代はどのような生活だったか
・江戸時代はどのような政治体制だったのか
・外国との関係はどのようなものであったか
明治維新があったので日本の生活は西洋化、近代化に向かった
・近代化・西洋化とは何か
・黒船来航と幕府の対応
第2章 政治面における役割
坂本龍馬薩長同盟を成立させることにどのように貢献したか
薩長同盟とは何か
・各藩の関係性はどうだったか
船中八策とは何か
船中八策が、徳川慶喜大政奉還を決意させたのか
徳川慶喜はどのような考えを持っていたのか
第3章 経済面における役割
海援隊は何をしていたのか
・商人としての坂本龍馬
亀山社中とはどのような団体なのか
坂本龍馬はどうやって資金を捻出していたのか
坂本龍馬の交友関係について
結論

                                    ↓

 

アウトラインに肉付けをする

第2章 政治面における役割
a・坂本龍馬薩長同盟成立にどのような形で貢献したのか
坂本龍馬犬猿関係にあった薩摩藩長州藩を仲介して、薩長同盟成立に貢献した。両藩は武力衝突の可能性もあったが、この軍事同盟が成立したことで平和的に歴史が動くことにつながった。龍馬は両藩の代表者を説得して、京都で会談するきっかけを作った。両者の藩内事情を把握していた龍馬は自らが設立した会社、亀山社中も利用して仲介を進めた」文献A 21
b・薩長同盟とは何か
「1866年に成立した薩摩藩長州藩による倒幕を共通目標とした軍事同盟。倒幕派のリーダー的存在の長州藩公武合体を押し進め幕府に最も近いといえる長州藩が、利害の一致のより倒幕に向かった。坂本龍馬などの尽力によって両藩が意思を変え同盟が成立したと言われる」文献B 134
c・各藩の関係性はどうだったのか
「江戸末期の、徳川幕府は封建的な国家であった。幕府に近い存在の藩もあれば、内面では幕府をよく思っていない藩もあった。また多くの藩は、財政難の状況にあって、自藩の存続だけで精一杯の状況だった」テキスト12

                                    ↓

アウトラインの項目を自分の言葉でまとめる

[アウトラインの項目]
a・坂本龍馬薩長同盟成立にどのような形で貢献したのか
坂本龍馬犬猿関係にあった薩摩藩長州藩を仲介して、薩長同盟成立に貢献した。両藩は武力衝突の可能性もあったが、この軍事同盟が成立したことで平和的に歴史が動くことにつながった。龍馬は両藩の代表者を説得して、京都で会談するきっかけを作った。両者の藩内事情を把握していた龍馬は自らが設立した会社、亀山社中も利用して仲介を進めた。文献A 21
                               ↓
[自分の言葉でまとめた文章]
坂本龍馬は、考え方の違いから敵対していた薩摩藩長州藩を交渉の場につかせ、軍事同盟である薩長同盟の成立に貢献した。

                                    ↓

1つのパラグラフを完成させる

第2章 政治面における役割
a坂本龍馬薩長同盟成立にどのような形で貢献したのか
【トピックセンテンス[自分の言葉でまとめた文章]】
坂本龍馬は、考え方の違いから敵対していた薩摩藩長州藩を交渉の場につかせ、軍事同盟である薩長同盟の成立に貢献した。
【サブセンテンス[文献の引用、内容の補足・具体例・言いなおし]】
坂本龍馬犬猿関係にあった薩摩藩長州藩を仲介して、薩長同盟成立に貢献した。両藩は武力衝突の可能性があったが、この軍事同盟が成立したことで平和的に歴史が動くことにつながった。龍馬は両藩の代表者を説得して、京都で会談するきっかけを作った。両者の藩内事情を把握していた龍馬は自らが設立した会社、亀山社中も利用して仲介を進めた。文献A 21

 

参考文献 戸田山和久著『論文の教室』2012年